退屈な時間をどう過ごすか

>

待ち時間をさけよう

混んでいる時間帯を避けよう

最近は朝早くからや、夜遅くまで開けている歯医者があります。それらは駅前を中心に増えてきているそうです。
早朝や深夜は人のとおりが少ないため、自身が大丈夫ならこの時間帯に見てもらうといいでしょう。
単に待つことが嫌な人だけでなく、仕事が不規則な人、登校や出勤前に治療してもらいたい人なども重宝すると思います。
混雑している時間帯を避けたいなら、予約の際に受付の人に何時なら空いているかを確認しましょう。
春は学校での検診が終わった後に児童の患者が増えるため、あまり空いていないかと思いますが、もし余裕があるようなら予約していた時間よりも早めにやってもらえるかもしれません。しかし、飛び込みで診療に来た人は予約患者の間に入れられることが多いので、必ず見てもらえるわけではないことを忘れないでください。

早く行き過ぎないのも一つの手です。

予約した時間が決まっているなら、あまり早く行く必要はないでしょう。
基本的に治療は予約した順番で進められるので、早く行ったからといって先に診てもらえるというわけではありません。
待ち時間が長くて退屈というなら、わざわざ早く着く必要はないでしょう。時間ギリギリというのは歯医者側が困ると思いますが…
歯医者は内科と比べると診療に時間がかかります。これは、内科は病気の診断がついたら次からは問診、薬の処方で済む場合が多いのですが、歯医者はほぼ毎回治療をする必要がある為です。
そのため、一日の予約可能数が決まってしまうため、予約制となってしまいます。
治療の必要があると分かっている場合はすぐに予約を入れるとスムーズに治療が受けられるでしょう。


この記事をシェアする

このページのトップへ