退屈な時間をどう過ごすか

>

歯医者での待ち時間を活用する

自分の好きなことをする

暇つぶしに使う道具について聞かれて、真っ先にスマートフォンを思い浮かべる人は少なくないでしょう。ゲームやwebページの閲覧など、暇つぶしとしてこれほど適したツールはないでしょう。
昔は病院の待合室では携帯電話の使用は禁止でした。しかし、2014年に待合室などでは使用できるように改正されました。しかし、周りのことも考え、マナーモードにして音が出ないようにし、通話は外でするようにしましょう。
ほかには、ゲーム機や本を持参するのはどうでしょうか。特に本はバッテリーの残量を気にする必要はなく、待ち時間が長くなっても大丈夫です。そして中断することが簡単なので、呼ばれてもすぐに診察室へ行くことができます。短い本だと何度も読む返すことになりますが…

勉強をする

特に中学生や高校生は待ち時間に勉強をしてもいいでしょう。
受験シーズンでは少しの時間も無駄にはしたくないものでしょう。それなのに長くなりがちな待ち時間を無駄にするのはもったいないことです。
しかし周りの患者さんの迷惑になってしまうため、参考書を広げて勉強する、なんてことはできません。なので限られたスペースで行う必要があります。
単語帳や教科書を読むだけなら狭い空間でもできます。さらにスマートフォンやタブレットのアプリを使えばもっと効率よく学ぶことができるでしょう。イヤホンやヘッドホンを使えば英語のリスニングの勉強もできます。
勉強の中でも特に単語は何度も繰り返すほど覚えやすくなります。隙間時間を利用することで記憶により深く刻まれるでしょう。


この記事をシェアする

このページのトップへ